ピアノ調律のご案内

なるほど調律

ピアノの内部には、木材や羊毛など天然素材でつくられた部品がたくさん使われています。
そのためピアノは温度湿度に敏感で、たえず環境の影響を受けて、変化しています。
ピアノのコンディションをいつもベストに保つためには、年に1~2回の調律を行う必要があります。
定期調律は、私たち人間が定期健康診断を受けるのと同じで、音律を整えるだけでなく、ピアノ全体の状態を技術者が診断し、調整します。


WHAT'S調律

●調律

調律

ピアノに張ってある弦の張力を調節して音程を合わせる作業
気温や気候によってピアノの音は日々変化します。
ピアノには200本以上の弦が張ってあります。

●整調

調律

鍵盤を押す指の動きをより繊細に伝えられるようにする作業。
鍵盤からハンマーが弦を打つまでに動く部品を正常に動くように整える作業です。
ピアノの部品は約8,000個あります。

●整音

調律

美しいピアノの音色に整える作業。
弦をたたいて硬くなったハンマーをほぐして柔らかくしたり、変形してしまったハンマーを削って形を整えます。
ピアノのハンマーは、羊毛を高密度に固めてあります。

●掃除

調律

意外とピアノの中にもホコリが入ります。
湿気を含みやすいホコリはピアノの大敵!
鍵盤の下も掃除します。


古いピアノを甦らせる!修理もお引き受けいたします

ピアノはきちんとメンテナンスすれば思いのほか長く使えるものです。
何十年もともに過ごして来た思い出のある大切なピアノを生き返らせてみませんか

見積出張費: \4,200

まずはお見積りを:(株)厚木楽器 ピアノ技術課


お問合せ
     

お電話でお問合せ・お申込はこちらから

TEL:046-222-2614

あなたのピアノを守りたい

ピアノにとって理想的な環境は
湿度40~60%
温度15~25℃で
年間を通して一定で変化が少ないのが利用的です。

冬のピアノ

冬 乾燥しすぎに気をつけて!
エアコンの風が直接あたる。
床暖房はピアノの脚部から直接熱が伝わり、大きな音程の狂い、木の部品の割れなどを招く場合があります。
対策=フラットボード:床とピアノの間に設置して床暖房の熱からピアノを守る!
定価17,850~(取付費別途)

お問合せ・ご注文は:(株)厚木楽器 ピアノ技術課 046-222-2614  メールはこちらから

冬場に加湿器を使うときも注意が必要です。
ピアノからは離れたところに設置して、蒸気がピアノに直接あたらないように注意が必要です。
また、ガス、灯油の暖房機を使用した場合、冬場でも湿度が上がる場合があります。
乾燥しすぎの場合は、ネジなどの緩みによる雑音が出たりします。
湿度が高すぎる場合は、木部が膨らみ、鍵盤などの動きが鈍くなります。

お問合せ・修理のご依頼は:(株)厚木楽器 ピアノ技術課


お問合せ
     

お電話でお問合せ・お申込はこちらから

TEL:046-222-2614

私たちはあなたのピアノの救世主

ピアノのことならおまかせください
神奈川県内・近郊 出張料無料

調律基本料金
アップライトピアノ¥16,200~
グランドピアノ¥19,440~
コンサートピアノ¥22,680~
(各種割引あり)

お問合せ・調律のご依頼は:(株)厚木楽器 ピアノ技術課


お問合せ
     

お電話でお問合せ・お申込はこちらから

TEL:046-222-2614

ページトップへ戻る ページトップへ戻る